フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 四国アゲイン | トップページ | ペンシルバニア州ワイオミングバレーでの新生活スタート »

2017年8月 6日 (日)

兵庫生活にお別れ

本年1月から7か月間続いた兵庫の片田舎生活。 そろそろお別れの時です。 団長にとって初めての関西ライフ。 どこに行くにも初めてのところばかりで、密度の濃い時間が流れました。


そんな中で特に印象深かったことを3つ書き残しておきたいと思います。






Photo

一つ目は鹿肉との出会い。

こういうジビエ系の肉は臭そう、という印象がありましたが、加西市の山中にある農家レストラン 「土一七日屋台(どいなかやたい)」 で頂いた鹿カツにかなりの衝撃を受けました。

全く臭くないどころか、上品な旨味がギュッと凝縮され、赤身なのにパサパサせずむしろジューシー。 適度な弾力があるけど柔らかく噛み切れる。 低脂肪なので満腹になったと思ってもすぐにおなかが空く。 鹿肉を食べた後に牛肉を食べるとむしろそっちの方が獣臭く感じるほど。

この写真は鹿肉のローストで、前日までの予約が必要です。

とにかくいっぺんにファンになってしまい、何度も通ってしまいました。





Ufo

二つ目は、四国の素晴らしさを体験できたこと。

兵庫にいると四国はすぐそこってことで、2回行ってみました。 いや~、素晴らしかった。 特にこのUFOラインと石鎚山、四万十川の沈下橋、仁淀川。 景色が素晴らしいのはもちろんのこと、ほとんど渋滞無し! また行きたい。






Photo_2

三つ目はKobeワイン食堂を発見できたこと。

ソムリエの植岡さんとは同年代で、団長と同じく若い時からジャズにハマり、ワインや音楽の話題でいつも盛り上がることができました。 団長アパートから三宮まで高速バスで1時間。 そんな距離も苦にならないほど、楽しい時間を過ごすことができました。

この店は神戸で初めて入ったバーなんです。 それが大当たりですからね。 さすが野毛で鍛えた嗅覚はスルドイ!(笑)



ってことで今週末に兵庫を去り、今月後半から新しいステージに進みます。

次はどうなるのでしょうか。


請わない、ご期待!(笑)

« 四国アゲイン | トップページ | ペンシルバニア州ワイオミングバレーでの新生活スタート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149022/71348326

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫生活にお別れ:

« 四国アゲイン | トップページ | ペンシルバニア州ワイオミングバレーでの新生活スタート »