フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月20日 (金)

またまたしばらく、、、、

昨年2016年の3月に仕事を辞め、このままのんびりと三浦半島ライフを楽しもうかと思ってましたが、この度ご縁があって兵庫県で仕事をすることになりました。 兵庫県とは言っても神戸や宝塚と言った華やかなところではなく、田圃と山に囲まれた静かな街です。

田舎には田舎なりのメリットがあって、何と言っても車でたった10分の通勤時間! さて余った時間を団長はどのように使うのでしょう?

団長にとっては初めての関西ライフ。 食べるものも食材が違ったり味付けが違ったりしますので、行く前に三浦半島の美味しいものを食べておこうと、先週、今週はあちこちランチ巡りをしてました。 時々はこれらの美味しさを思い出せるよう、ここに載せておきたいと思います。






Photo

逗子「おかむら」の田舎そば。 

とても美味しいのですが、この田舎そばだけは大盛りができないことが惜しい!






Photo_2

横須賀市民のソウルフード、横須賀中央「相模屋」の立食い焼き鳥。 

基地関係の外人客も多く、日本人に交じって美味しそうに食べてますね。







Photo_3

東浦賀「Cafe&Wine Miyamasa」の焼きプリン。

今や麻里子店長が作るケーキはかなり有名になりつつありますね~。







Photo_4

森崎「イツワ製麺所食堂」のセロリつけ麺。

こんなメニュー、他では食べられません。 麺も素晴らしくおいしい。







Photo_5

東浦賀「ワンこぱん」のサンドイッチ。

ハード系のパンはどれも美味しいしワインのお供にもピッタリ!








Photo_6

走水「味美食堂」のアジフライ定食。

タコ、アナゴ、アジなど何でも美味しい。 明石のタコとの勝負が楽しみ。







Photo_7

北久里浜「はまんど横須賀」の中華そば・平打ち麺。

麺もスープもレベルが高く、毎日でも食べたい味です。






Photo_8

久里浜「ぼんうり家」の牛筋煮込み。

寒い時にはピッタリの辛ウマ料理の数々!





Photo_10

三浦半島外だけど、日ノ出町「第一亭」のホルモン炒め定食。 

野毛で一番美味しいものは? と聞かれたらこれを挙げます。


ってことで、美味しいものに別れを告げつつ、新たなうまいもんとの出会いを期待して、ほな、さいなら。




あ、ブログは細々と続ける予定です。

2017年1月16日 (月)

Charles Lloyd (チャールス・ロイド) Concert at Blue Note Tokyo

Bn

ブルーノート東京で開催されたチャールス・ロイド(Charles Lloyd)のコンサートに行ってきました。 1月14日(土)、最終公演日の1stステージです。

LA郊外にいたころ、彼のコンサートは3回鑑賞したけど、日本で観るのは初めてです。 ロイド御大はもう78歳ですので、健康や時差ボケが心配されましたが、木金に観た人たちのTweetを検索してみるとみなさんぶっとんでいましたので、期待が持てそうです。







Bn_2

さていよいよ入場。

11月にチケットが発売になったと同時に自由席を申し込んだところ、かなり若い整理券番号をゲットでき、御大の目の前に座ることができました! 御大はサックスを吹いているときにノッてくるとエアキック(ロイドキック)することがありますが、それが届きそうな距離!

さて演奏スタート直前、登壇してきた御大が譜面を見て首をかしげながら近くにいたスタッフに、 Is this correct ? と二回質問していたので、彼が考えていたセットリストとは違う内容だったのかもしれません。

それでもさすがは大ベテラン。 1曲目こそは静かな出だしでしたが、2曲目以降はおなじみの曲をCDとは全く違うアグレッシブさでグイグイと熱く吹きまくりました。 時差ボケどうだろう? と心配は全く杞憂。 年齢の心配もそれ以上に杞憂。 むしろ御大は90年代後半以降、年齢に関係なく毎年進化しているように感じます。

アンコール入れて90分間、言葉では言い表せない感動を頂きました。 共演のビル・フリーゼル、ルーベン・ロジャース、エリック・ハーランドも素晴らしかった。







Bn_3

会場を後にし、高揚した気分を馬車道に持ち込み、コンサートのことを思い出しながらグレンファークラスの樽出しをちびりちびりと舐めていると、御大のフレーズが思い出されました。 

これからも元気で観客をノックアウトしてほしいものです。

過去の鑑賞記へのリンク

 ↓

Charles Lloyd (チャールス・ロイド) Concert at Royce Hall, UCLA


Charles Lloyd "SANGAM" Concert @Lobero Theatre, Santa Barbara


Charles Lloyd Concert at Lobero Theatre, Santa Barbara からの~、新譜「Wild Man Dance」に感動






2017年1月 7日 (土)

謹賀新年2017 ~ドタバタの新年会~

ってことで今年もよろしくであります。

最近はこのブログもサボりっぱなしですが、更新頻度はともかく、今月後半位から内容がガラリと変わる予定なのでお楽しみに~。(謎)



さて本年最初の記事は、昨晩実際に有った出来事を自戒を込めて書いておきましょう。


昨晩は野毛で久里浜在住のおじさんたちによる新年会が開催されました。 参加者は

・一番若くてしっかりしているA
・酔うと結構怪しくなるB
・私

の3人です。

野毛の海鮮BBQでたらふく食べて飲んだ三人、飲みすぎて帰れなくならないよう、早めにKQで久里浜に向かい、駅前に新装オープンした高級中華料理店(日高屋(笑))で飲み直そうとしたんです。 


その後は以下の通り。


・10時過ぎ、上大岡で特急三崎口行きに乗車。 Bと私が着席。


・文庫近くになってAが尿意を我慢できなくなり、文庫でトイレに寄って行くのでBと私はそのまま先に久里浜へ。


Aはトイレののち、10分後の快特で追いかけることに。


・しかしBと私のコンビでは三崎口まで行ってしまう可能性が高い。(笑) そこでしっかり者のAは私のiPhoneが10時半(久里浜着直前)に鳴るようアラームをセットしてくれた。


・アラームに安心したBと私は爆睡。。。。。 しかし起きたら三崎口!(大笑)



・やばい、アラームにも気が付かないとは、、、、と落ち込みながらiPhoneを確認する私。 そしたらセットされていた時間は午前10時半だった!(笑)


・後追いのはずだったAは長い時間日高屋で待っているんだろうなと、ごめんなさいメッセージをAへ発信。


・するとなんと、「えーと、なぜか今新逗子にいます!」 との衝撃の返信が!(大笑) 文庫から久里浜行ではなく新逗子行に乗ってしまったらしい。


幸い両方ともまだ電車があったので12時少し前にようやく日高屋で再合流することができたのでした~。

と言うことで、今年もギリギリな人生が待っていそうです。(笑)


« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »