フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月24日 (木)

横須賀新ごみ処理施設見学

Photo

現在長坂に建設中の横須賀市の新ごみ処理施設を見学する機会がありました。

この施設、建設が発表された2010年に団長はいち早く現地に潜入してレポートしましたが、あれからもう6年が経つんですねえ。 前回は場所選定に至る経緯や計画発表が唐突だったことを指摘しましたが、今回は見たまんまのレポートのみです。


なお今回の見学会は地元有志の方々向けに開催されたもので、団長は日ごろの活動が認められ(?)招待されました。 ありがたや~。






Photo_2

まずはこの計画と進捗状況のおさらいです。

この看板に書かれているように、平成28年の現在は地盤整備の真っ最中。 最終的には3年後の平成31年度に完成して稼働開始。 稼働後はここで横須賀市と三浦市のごみを焼却します。


この完成図を見て、現在稼働中の南部処理場よりも煙突が低いことが気になり質問してみたところ、海辺にある南部処理場は170mでここは60mほどの計画。 しかしながら建設地自体の高度が120m以上あるので、煙突高度的には南部処理場より少し高いようです。






Photo_3

新処理場へのアプローチのために建設されたトンネルです。

横須賀には数えきれないほどのトンネルがありますが、これはその中でも最新のもの。 銘板が取り付けられる部分にはまだ何もありません。 トンネル名は今後検討だそうで、おそらく地域にちなんだ名前になりそうとのこと。 今年の初めに工事現場を確認した際には、「横須賀トンネル作業所」 との看板があったので、ずいぶんと大きな名前をつけちゃったなあ、と思ったのですが、実際には別の名前になりそうで良かった~。

銘板取り付け部分がかなりの横長なので、どんな名前になっても大丈夫そう。 でも、「横須賀市三浦市広域ごみ処理施設・プラ減容施設もあるでよ隧道」 なんて名前にならないことを願います。(笑)






Photo_4

さて見学者一行は新隧道を進みます。

新しいトンネルもその先の付帯道路も緩やかなカーブを描いています。 これは、直線にすると勾配が急になりすぎてしまうことと、速度抑制効果を狙ってのものだそうです。

ところでトンネル内には照明施設がまだありません。 真ん中付近は結構真っ暗! もちろん施設が稼働するまでには取り付けられる予定です。






Photo_5

新トンネルを抜けると横須賀中央方面の景色が拡がっていました。

かつては衣笠や平作方面から大楠山へ通じる遊歩道からこの景色が見えたのですが、新処理場の造成に伴いそのルートは現在通行止めになっています。 処理場完成後に再開予定だそうで、その際には処理場横にハイカー用のトイレを整備するそうです。







 

Photo_6

200mの新トンネルと500mの付帯道路を通って新処理場建設現場にとうちゃこ!

現在は処理場の土台がほぼ完成して、土台上にアプローチしする道路用の盛り土が行われているようでした。

かつてここにあったプラスチックごみの減容施設はいったん解体され別の場所(長坂処理場内)で稼働中。 新処理場完成後は同じ敷地内に作り直して同時期に稼働開始予定。



さて新処理場ですが、詳細計画は横須賀市のサイトを見て頂くとして、今の南部処理場から大きく変わる点は以下の通り。


・焼却炉は3基体制。 1基ずつメンテしながら安定稼働を狙う。

・焼却温度を1000℃まで高めることができ、現在不燃ごみとして処分しているプラスチックを焼却することができる。 
 → 高温焼却でダイオキシンを出さずに燃やす、というのが全国的な最新トレンドになっているようです。 稼働後は当然分別方法は変わってくるでしょうが、それをどうやって周知させるかが課題になりそう。

・プラゴミを焼却できない南部処理場とは併存できません。 よって新処理場稼働後は南部処理場は稼働停止となる。
 → これによって南部処理場の排熱を利用した隣の温水プールは熱源を失いますが、プール利用者多数のため新たにボイラーを設置してプール営業は継続とのこと。

・新処理場の焼却熱利用方法は、発電機設置によって場内電力の確保、および余剰電力の売電で運転費用を賄う方向。 あらたな温水プールは作らない模様。(場所が不便)

・ばい煙のモニタリングポスト設置場所は現在検討中。 今後住民の意見を取り入れながら進める。

てなところでしょうか。


場所が不便なところなので、パッカー車の移動導線を考えると、ここの稼働前には現在工事中の久里浜田浦線・衣笠IC以北が開通していることが必須条件と思われますが、市側も同様に考えていて進捗状況はチェックされているようです。

さらにパッカー車の導線をもっと短縮するために、この新トンネルからのアプローチのほか、山科台方向からも入ることになるとのこと。 ただし粗大ごみ持込みの一般車は新トンネルからのみとなります。





Photo_7

衣笠・平作~大楠山の遊歩道は新処理場手前で通行止めになっていました。 再開通まであと3年ちょいです。

ということで貴重な機会でした。 今後も機会あるごとにチェックして行きましょう。

2016年11月19日 (土)

松輪鯖づくしランチ

最近テレビなどで取り上げられる回数が増えてきた松輪鯖、団長は2010年の秋に松輪の江奈ビレッジでしめ鯖を食べて、これは私の知っている鯖じゃない、と結構衝撃を受けた記憶があります。 当時は休日のお昼に行ってもそれほど待たずに食べることができたのですが、メディアへの露出が増えた昨今はかなり並ぶようで、3週間ほど前の土曜のお昼にパトロールに行ったら、ウェイティングリストになんとまあ50組以上の名前が書いてあって、最後の人が食べ終わるのは深夜か? と思える位の混雑ぶりでした。

そんなとき、高校の同級生の熟女たち、あ、いや、淑女たちから、「松輪鯖が食べたい」 との指令が団長の元に届きました。 彼女らは松輪鯖未経験とのこと。

とは言え予約ができない江奈ビレッジではとんでもなく長時間待つことになりそうなので、団長のデータベースから間口漁港に有る 「輪中」 さんをピックアップ。 予約も万全で本日食べに行ってきました。





 

Photo

頂いたのは松輪鯖づくしのコース。 

南蛮漬けや煮物などの鯖オードブルをノンアルコールビールで楽しんだ後は、これ。 手前からしめ鯖、刺身、炙り刺身の3点盛りです。 身の厚さから丸々肥えた松輪鯖であることがわかりますね。 鯖と言うと血なまぐさい身を想像しますが、これはホントにきれいな色合いでした。


味わいは、、、

もう涙がちょちょ切れんばかりの旨さ! 最初は、え? これ鯖? と思ってしまうくらいサッパリしたアタックなのですが、噛んでいくととても上品な脂が溶け出して口の中に拡がります。 不思議なことに全く魚臭くない! 旨味の塊!




Photo_2

次は松輪鯖の味噌煮。

え? これ味噌煮? と思ってしまうくらいの薄い煮汁。 団長の知っている味噌煮はもっと濃くて煮詰めた味噌が鯖の上に載っているタイプなので、これは驚きでしたねえ。

薄味なんですが、中までしっかり味噌味が染みわたり、それが脂分の旨味と素晴らしいマッチング! 刺身と違って暖かい分、この味噌煮の方が口の中で脂の旨味が隅々まで行き渡るのが早いという印象でした。 あっという間に完食!




Photo_3

次は塩焼き。

塩焼きは塩焼きでしょ? という想像は見事に裏切られ、絶妙な塩加減、パリッとした皮と皮の下にある脂分のマッチング、血合いでさえも魚臭さが全くなく旨味成分が全体を支配する身の部分、全てが想像のはるか上を行く美味さでした。




Photo_4

最後は鯖茶漬けです。

おにぎりの上に焼いた鯖、茗荷、生姜、刻み海苔を載せて出汁をかけた品です。 これも上品で、鯖料理で満腹なのにするするとおなかに落ちて行きました。

このあとデザートのアイスクリームを食べてコース完食。


一人前3980円の贅沢なランチでしたが、これなら納得です。 淑女たちも感激して完食でした。 全てが美味しかった中で、団長的には味噌煮と塩焼きの想像を超えた味わいに驚いちゃったなもう、でした。


この後、腹ごなしに剱崎灯台までぶらぶら歩き、三崎とすかなごっそで買い物して本日の鯖遠足は終了。 三浦半島の良さを堪能してもらったので団長としても嬉しかったです。 酒田弁で三浦半島を周るという体験も新鮮だったし。(笑)


松輪鯖は今月いっぱいのようですので食べたい人は急ぎましょう。 また時たま全く釣れない日もあり、そういう時は食べられないそうなので、行く人はテルテル坊主を作るといいですね。


« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »