フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 顎裏ヒルズ(Agoura Hills)の鋸山、Ladyface 制覇! | トップページ | カリフォルニアの風景をモノクロームで »

2013年5月27日 (月)

カリフォルニアの古道、州道一号線・PCH (Pacific Coast Highway) を往く

Pch17

久しぶりに日帰り弾丸旅行の虫が疼きだした金曜夕方、以前からドライブしてみたかったPCH (Pacific Coast Highway) に狙いを定め、翌朝のチケットを予約した。

LAとサンフランシスコの間には5号線と101号線と言う二つの立派なフリーウェイがある。 PCH もこの2都市を結んではいるものの、ほとんどが片側1車線の対面通行の道路。 それでも 「カリフォルニア州道一号線」、の誇りだけは忘れていない。


さて今回のツアー概要はこんな感じだ。 


シャコタン号で朝4時にアパートを出発 → LAX 6時発のフライトでSFOへ → レンタカーで朝8時にサンフランシスコを出発 → PCHをひたすら南下 → 夕方LAXへ戻りレンタカー返却 → シャコタン号でアパートへ。

レンタカーでは700Kmほどドライブするので、岡山から東京まで国道2号線と1号線のみを走って帰ってくる、というイメージが近いかもしれない。






Pch01

レンタカーはこいつだ。 VWジェッタ。 長時間運転するのでシートのしっかりした車種にしたかった。 レンタカーのセレクションでこいつが1台残っていることを発見して思わず指を鳴らした。

実際12時間走っても全くお尻が痛くならなかった。 

旅には良い相棒が必要なのである。






Pch02

さてSFO(サンフランシスコ国際空港)から海沿いのPCHへ出るには峠道を超えなければならない。。 ここがその入り口なのだが、艶めかしいカーブを描きながら深い森の中に消えてゆく様に気分が高揚した。






Pch03

山を越えるとあっけなくPCHに合流した。 こんなローカル道がどうして Pacific Coast Highway なんてシビレるニックネームをもらいしかも人気があるのか、ここを走っている限りでは想像もつかない。


だけど数時間後にはその訳が痛いほどわかることになる。


それにしても寒い。 気温10℃。 寒流が浜へダイレクトに突き刺さっているのか、まるで日本海側の冬のようなイメージだ。 






Pch04

しばらく走るとさびれた灯台に辿り着いた。 Pigeon Point という名前らしい。 

この古臭さと言い雲の様子と言い、白黒写真素材にはピッタリじゃないか。 (最初の写真がそれ。) 






Pch05

3時間ほどでモンタレー(Monterey)にとうちゃこ。 港町だ。

まだ11時前だったけど朝が早かったのでお腹が空いた。 桟橋にいくつかあった観光客向けの店でクラムチャウダーを仕入れ、飛び交うカモメを見ながら食べた。 

それにしても気温は全く上がらずこれを食べても体が温まらない。 港の様子をもう少し見たかったけど、早々にジェッタへ戻り先を急ぐことにした。  






Pch06

モンタレーから30分ほど南下するときれいに晴れ上がってきた。 これぞカリフォルニアのイメージであるが、実際には特に海岸は寒くて霧がでることが多いって、日本人にはあまり知られていないように思う。 でも一旦晴れると日差しは強い。 青い目の人はもちろん、茶色い目の自分でさえサングラスが必需品になる。


さて気持ちの良い天気になってきただけでなく、景色もダイナミックになってきた。 この先の道を目で追うと崖に沿って上っているのがわかる。






Pch07

ついには思わず息をのんでしまうポイントに来た。 ガラタパ州立公園内の展望地である。

荒々しい崖、ダイナミックも優しさを感じる山肌のコントラストに思わず声を失った。  


ここを代表に、素晴らしい景色のビューポイントが沢山ありすぎ何度も車を止めることになってしまった。 先は長いのになかなか前進させてくれない。 グレートPCH。 ただ素直に感激するしかない道だった。






Pch08

坂を上りきったところで先ほどの撮影ポイントを振り返ってみた。 前から見ようが後ろから見ようが素晴らしい景色に変わりはない。


それにしてもよくもこんな道を作ったものだ。 道中ほとんど iPhone は圏外だったので、誰も住んでいない、つまりは住人のための道ではない。 あそこに見える橋は1932年の完成とのことで、景気高揚のためにニューディール政策の一環で作られたのかもしれない。






Pch09

想像してみてほしい。 こんなところを何時間も走るんだぜ? 

あまりのスケールに、自分が今どこにいてどこに行こうとしているかなんて、どうでも良くなってきた。






Pch10

それでも何事も永遠には続かないものだ。 徐々に変化して周囲はいつの間にかフラットな景色に変わってきた。 単調な道だけど、さっき木陰で20分仮眠したおかげで眠くはならない。


ここからほどなく、本日いくつ目かわからないほどの 「Vista Point」 の看板を見つけた。 そのまま通り過ぎようとしたのだけど、駐車場には沢山の車が停まっている。 なにか名物があるのかもしれない。 気になってウィンカーを点灯させた。


ドアを開けると潮の香りが全くしない。 代わりに脂のにおい、例えるならば革ジャンや野球のグローブに塗る油を強くしたような。 そうだ、子供のころに飲んだ鯨汁に入っていた鯨の脂身の香りと同じだ。







Pch11

匂いの正体はこいつらだった。 浜辺でくつろぐ何百頭ものゾウアザラシ! この浜が住処になっているのだろう。

これだけの数が平和に生きていられるということは、海も豊かに違いない。 

もう少し生態を観察したかったが、脂の匂いが鼻につき10分ほどで退散した。





 Pch13

あちこちに放し飼いで飼育されている牛を見たが、中にはシマウマがいる牧場も。






Pch14

PCHと交差する道が少しずつ増えてきて、久しぶりに人の気配を感じ始めたころ、海に浮かぶ大きな岩が見えてきた。 モロベイと言う街のモロロックと呼ばれる岩らしい。 この大きさで一枚岩と言うのだから近くで見たらさぞかし迫力があるかと思ったが、実際にはこの辺りから見たほうが不思議さがあって面白いと思った。


その後PCHはサンタバーバラの葡萄畑へ。 ようやく知っているところに戻ってきた。 知っている、と言うだけでもう長い旅から帰ってきた感覚になってしまう。 実際にはLAXまであと2時間以上ドライブしないといけないのだけど。






Pch15

最後の休憩はガヴィオータ州立公園。 サンフランシスコを出発した時と同じような冷たい海風だけど、海水浴を楽しむ人がいた。 寒がりの自分には無理だ。


その後マリブを通り無事にLAXでレンタカーを返却。 駐車場でシャコタン号に乗り換えて帰宅した。

レンタカーでの走行距離が464マイル。 シャコタン号でのLAX往復が80マイル。 合計で544マイル=870Kmを走行したわけだけど、疲れはさほど感じなかった。 大半が対面通行の道だったことを考えるとちょっと驚きである。 


疲れを感じる暇がないほど素晴らしいドライブだったのだろう。 PCHに感謝。





 
Pch16

« 顎裏ヒルズ(Agoura Hills)の鋸山、Ladyface 制覇! | トップページ | カリフォルニアの風景をモノクロームで »

旅行・地域」カテゴリの記事

美しい光景」カテゴリの記事

道路・交通」カテゴリの記事

コメント

teraさん、初めまして。 むさくるしいブログへようこそ!

お名前を見てNapaにあるレストランのTerraを思い出しました。
PCH、素晴らしいですよね。 もう4年前ですがもう一度走ってみたいです。 今度は逆から。

カリフォルニアの風景は3年分くらいしか掲載してませんが、また時々遊びに来てください。

初めまして!
古いブログですが思わずコメントしたくなりました。
10年前になりますが、母が青春時代に観た、エリザベステーラー主演の「いそしぎ」という映画のロケ地に行きたいというので、写真の展望台から見える橋(bixby creek bridge?)へサンフランシスコドライブ旅行のついでに行ってきました。
私が学生時代に暮らした北カリフォルニアのEurekaという田舎町からサンフランシスコを経由し、ひたすらレンタカーを飛ばしてモンテレイの港も過ぎ、海沿いの素晴らしい景色は良い思い出で、団長さんのブログで、また北カリフォルニア訪れたくなりました。
ではでは〜

noreen さん、 はじめまして!
こんなむさくるしいブログへようこそです。

いや~、まさか元ご近所さんからコメントが入るとは思いもしませんでした。 基本、一応は三浦半島のブログなもので。(笑)

SFの北側はまだ行ってないのです。 もちろんそのうち行かなきゃと思ってますよ。 北行ってちょっと東に行けば団長の大好きな葡萄畑が広がってますしね。(笑)

もうしばらくはカリフォルニア編が続きそうなので、また遊びに来てください。 今後とも宜しくお願いします。

懐かしいCaliforniaの風景写真、楽しませて頂きました!

80年代半ば、SFの北、Marin countyの"Bolinas"で暮らしていました。
Bolinasは知る人ぞ知る?!かなりユニークな町です。
初めて暮らしたアメリカの町が「ここ」でしたから、かなりのカルチャーショック!
でも、今振り返るとても楽しかった日々です。

北へ行く機会がありましたら是非お勧めです☆
町の中心にある"Grand Hotel"、この2階にも暫く暮らしていましたが、
ヒッピー達がアメリカ各地から訪れてきていましたっけ。
 
その先のPoint Ryes Stationも良い雰囲気の町です☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149022/51789369

この記事へのトラックバック一覧です: カリフォルニアの古道、州道一号線・PCH (Pacific Coast Highway) を往く:

« 顎裏ヒルズ(Agoura Hills)の鋸山、Ladyface 制覇! | トップページ | カリフォルニアの風景をモノクロームで »