フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大矢部配水池の新しい屋根 | トップページ | 十三峠ポンプ場横の住宅群、どうやって作ったの? »

2011年4月24日 (日)

十三峠急傾斜地に造成されたナゾの宅地

以前、十三峠に佇む呪いの鳥居、の記事にるまさんと泡盛さんから頂いたコメントで、急斜面にある宅地ことを教えていただきました。 あれからもう2カ月以上も経ち、その間震災もあったりしてなかなか行く機会がありませんでしたが、このほどようやく確認することができました。 

まずは塚山公園から田浦方面へ向かいながら、谷の向こう側にその現場を探します。 すると駐車場付近から発見!

Photo_3

これです。 向こう側の急斜面に四段の宅地らしきところがあります。 間違いなくあそこでしょう。  こりゃあホントにものすごいところに作ってしまったようです。 

早速尾根沿いに進み、現場へ急行します。

Photo_4

ここが現場の上部入口付近です。 写真だとあの急角度がなかなか伝わりませんが、とにかく凄いところでした。 

左上には猿島が映っています。

Photo_5

さて上部は出入り自由でしたが、最下部はこの通り出入り禁止。 ちなみにこの道は十三峠ポンプ室方面へ向かう道です。

Photo_6

下から上を見上げるとこんな感じ。 最上部に一軒だけ家ができていました。 

確かに景色は良いかも知れませんが、住むには勇気の要りそうな斜度です。 地震や大雨のたびにゾゾゾーっとしそうですね。

« 大矢部配水池の新しい屋根 | トップページ | 十三峠ポンプ場横の住宅群、どうやって作ったの? »

謎の光景」カテゴリの記事

怖そうなもの」カテゴリの記事

コメント

OHさん、 どうも!

現場を見る限りでは、買うのにかなり勇気が必要な土地です。(笑)
壁、確かに未完成ですね。 さすがよく観察されています。 理由は分かりませんが、建設途中で業者が怖くなったのでしょうか??

遠景だとまるでアステカのピラミッドのようですね。建っている家は新しいようですが、階段のコンクリートを見ると
かなり年季が入っているようですので買い手がつかないまま時間が経ってしまったようですね。
さらに気になるのが新築と思われる唯一の家の外壁が中途半端になっている点です。
足場が外されているので途中で工事を中断したように見えるのですが・・・

るまさん、どうも!
建っちゃってましたよ~。 完成間もなかったみたいで、住んでいる気配はありませんでした。 景色は良いのですけどねえ。
さてショートカットの道沿いの不思議な住宅群、なにか御存知でしたらまた教えてください。m(_ _)m

団長さん、
十三峠のパトロール、ありがとうございます。
あの造成地に家が建ってたとは驚きです。
下の道は案針塚駅へのショートカットで、通勤で使ってました(笑)。
蜜柑畑やスミレやタンポポの咲く道を歩いていると、
浮世離れした気分になったものです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十三峠急傾斜地に造成されたナゾの宅地:

« 大矢部配水池の新しい屋根 | トップページ | 十三峠ポンプ場横の住宅群、どうやって作ったの? »