フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タビのヨコク | トップページ | 鳥取弾丸ツアーその1: 旅の始まり »

2010年7月11日 (日)

メイドイン横須賀の食べるラー油、江南飯店・香辣醤

昨晩遅く、無事米子から帰還しました。 今朝起きたらもう全身筋肉痛! その理由と詳しい旅行記などまた後日アップするとしてと、事前の心配は全くの杞憂に終わり、半日では全く時間が足りませんでした。 恐るべし鳥取県、です。 

さて最近食べるラー油というものが流行っているようです。 桃屋の商品などはなかなか手に入らず、それに目を付けた輩がヤフオクで高値出品するなど、なんだかな~という状況になっています。

さて買いたくてもなかなか買えないとお嘆きのアナタ、横須賀市内ではいつでも、しかも桃屋よりも美味しいものがゲットできる場所があるんですよ。

Photo_4

これがそれです。 左が桃屋、右が衣笠商店街の江南飯店で売っている、香辣醤(シャンラージャン)です。 香辣醤は江南飯店店内のみで販売されていて、価格は525円と少々高めですが、空き瓶を持っていけば中身だけを420円で詰めてもらえるだそうです。 なんだか地元密着のエコサービスでよろしいんじゃないでしょうか。

さてこの香辣醤、お店独自の調味料として開店当時から長年各テーブルに置かれているものだそうで、最近のブームを見て慌てて外販に踏み切ったんだそうです。(笑)

Photo

さて、中身を確認してみましょう。 左が桃屋、右が江南飯店です。 

写真の通り、具の量が全く違います。 桃屋はニンニクと玉ねぎが中心のようですが、香辣醤は噛むごとに色んな味や香りが広がって楽しいですよ。 食べ物につけて食べるだけじゃなくて、スープ系にチョビッと垂らすと素晴らし香りになります。 

色は桃屋の方が辛そうに見えますが、実際には香辣醤の方が辛めです。

さて江南飯店、混雑すると時間がかかるのが玉にきずですが、味は素晴らしいですね~。 団長もパトロールの合間に時々通っています。 先日頂いた、海鮮スープビーフンには脱帽でした。 

とここまで書いている間にも腕や足の筋肉痛が。。。。。。 イテテテ。 

« タビのヨコク | トップページ | 鳥取弾丸ツアーその1: 旅の始まり »

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149022/35634249

この記事へのトラックバック一覧です: メイドイン横須賀の食べるラー油、江南飯店・香辣醤:

« タビのヨコク | トップページ | 鳥取弾丸ツアーその1: 旅の始まり »